ドバイのAmazonで即日配送を依頼したら

ドバイのAmazon 暮らす
スポンサーリンク

ドバイのAmazonでお買い物

ドバイの週末のある朝。

 

私は、PCに接続するモニターが欲しくて、探していた。

女子ひとりで大きなモニターを家電量販店から運んで来るのは辛そうなので(重いし暑いし)、インターネット通販で購入することにしたのだ。

 

海外在住の方、その国のネット通販でショッピングした経験はおありだろうか。

「新興国でネット通販なんぞをしたら、永遠に届かないのでは…」

そんな心配も分からなくはない。

 

ドバイの通販はちゃんと届くのか!?

届かないのか!?

配達時間は守られるのか!?

 

実際に使って検証していこう。

 

さて、今回利用したのは

Amazon.ae

UAE版のアマゾンである。

 

即日配送オプションがある!

日本のAmazonと全く同じ要領で、商品を選び、配送方法を選ぶ画面を見ていた。

すると、配送方法に選択肢が。

 

Same Day Delivery : 9 AED

(即日配送:9AED)

Delivered tomorrow : FREE

(翌日配送:無料)

 

・・・ん?

Same day … 即日配送だと!?

 

いやいやいやいや。

数年前までは、中東の通販なんて「一生届かないのでは」と不安になっていたのに。

届けば御の字」と思っていたし、今でも一般的な配達物や約束ごとは「指定日どおりに行くのは奇跡」。

しかも「まだ届かないよ?」と問い合わせれば、言い訳と逆ギレのオンパレードなのが中東だ。

中東というか、配送業のインド人・パキスタン人たちの習性か。

 

なのに、このAmazon.aeはそれを遥かに上回る難易度のオプション「即日配送」「翌日配送」を表示している。

 

いくらアマゾンと言えども、前線の配達員はインパキ系のおじさんのはず。

前述の言い訳マンたちとメンタリティは変わらないはずだ。

 

アラブという土地でインド人が時間厳守を約束する、なんて最悪の組み合わせに思えるのだが。。。

 

やれるものなら、やってみやがれ。

そして

中東のネット通販事情の汚名を返上してみたまえ!

 

関連

インド系企業の時間感覚
ドバイで存在感を放つインド ドバイは「世界一キレイなインドの街」と皮肉られる。 正直、私もこれには共感しか湧かない。 なぜなら人口の約30%をインド人が占めているからだ。 私は、1日じゅうインド人としか会...
アラブ系企業の時間感覚
アラブ系企業の時間感覚 前回はインド系企業の時間感覚について愚痴った書いたが、 今回はアラブ系企業の時間感覚について書きたいと思う。 とっても狭い狭い私の実体験の範囲の話に過ぎないため、 すべての企業がこ...

「即日配送」指定の結果は

こうして、別に急いでないのに私は「即日配送」指定でポチっとした。

追加料金は9AED(約270円)

即日配送に対する追加料金としては安いだろう。

 

すぐ注文確認メールが届き、

「本日21:00までにお届けします」とのこと。

 

そのとき朝の09:53

さてどうなることやら。

 

スマホに、状況のアップデートメールが随時届く。

 

09:53 注文が確定されました。

14:12 集荷されました。

16:03 出発しました。

 

おぉお!?

(実際の画面)

 

そして。

 

19:08「 着信 」

 

おじさん「ハロー!マダム!アマゾン・デリバリー!」

 

きたぁぁぁぁ!

巻き舌の激しいインド英語の電話!!

 

おじさん「今向かってるけど、アパート名はXXでOK?」

私「Yes, correct!」

おじさん「近くに目印は?」

私「〇〇Hotel の隣だよ!」

おじさん「OKマダーム、10ミニッツ!」

 

19:20 「 着信 」

 

おじさん「マダーム、着いたよ。どこに行けばいい?」

私「アパートのロビーにいるよ!」

おじさん「OKマダーム!カミン、カミン」

 

電話が切れたか切れないかのタイミングで、マンションのエントランスが開き、Amazon.aeのポロシャツを着たインド人のおじさんが、確かに私が注文したサムスンのモニターを持って現れた。

おじさんは、Bluetoothのイヤホンを片耳に突っ込み、ハイテクに次のお客様との電話に応対したりしつつ、私に商品を手渡す。

日に焼けた顔で、ニコッと笑い、足早に立ち去っていった。

 

19:20。

 

確かに時間内。

むしろ余裕さえある。

 

ぐっじょぶ、おじさん!

ぐっじょぶ、Amazon.ae!

 

ドバイの通販、侮れない

まさか、朝に欲しいと思ったものが、その日のうちに届くなんていうスピード感と正確性を、混沌としたドバイで体験できるとは。

日本だったら驚きもしないだろうが、このドバイで実現したのだから感心してしまった。

「実際は翌日になるんじゃないのー?」とか若干疑ってごめん。

 

「新興国でネットショッピングなんてしたら、一生届かないのでは」などと不安になっていたのも今は昔

時代が進んだものである。

いや、時代というよりも、年々激しさを増すeコマース市場の競争激化の賜物だろう。

どのサイトも配送の正確性や速度など、レベルが向上しつつあるように思う。

 

ドバイの通販、侮れない。

ドバイのインターネット通販事情
ドバイはインターネット通販が盛ん 実はドバイ、いやUAEはインターネット通販が盛んである。 その背景には恐らく土地柄がある。 例えば、 気候(暑すぎて外出が難しい) 宗教(単独で外出するのを躊躇する女性もい...

 

こうして無事に我が家に外部接続モニターが導入された。

尚、机はIKEAのスタンディングデスクSKARSTA 120cm。

高さ調節ができ、立っても座ってもOKなもの。

8割は座って使っている気がしますが、座って使うにしても、自分にぴったりの高さに調節できるって素晴らしい。

(ていうか写ってる家具、植物も含め全てIKEAですね。だって安いんだもん。。)

 

作業環境、レベルアップなり。

amazon 世界最先端の戦略がわかる [ 成毛 眞 ]

価格:1,836円
(2019/8/28 06:48時点)
感想(5件)

アマゾンのすごいルール [ 佐藤将之 ]

価格:1,944円
(2019/8/28 06:45時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました