ドバイのカーシェアリング「Udrive」使ってみた

カーシェアリング 暮らす
スポンサーリンク

ドバイにもカーシェアリングが!

「シェアリング・エコノミーの時代」と言われる昨今。

なんとこのドバイでも、カーシェアリング・サービスが誕生していた。

サービスの名前は「Udrive」。

ドバイのRTA(Roads and Transport Authority/道路交通省?)公認のサービスである。

 

使ってみたところ、とても便利で、レンタカー以外の選択肢として大いにアリ!!だったのでレポートするよ!

 

 Udriveとは

ドバイのカーシェアリングサービスは、Udrive(ユードライブ)と言う。

スマホアプリで完結するサービスで、緑の車体が特徴的だ。

 

これの凄いところは、

・料金が分単位で計算され、リーズナブル。

・ガソリン代無料。

・駐車場代無料。

・デポジット不要。

・観光客もOK。

・支払いはアプリに登録したクレジットカードで自動で完了。

・乗り捨てOK(そもそも拠点がない)

 

位置情報から好きな車を選択して、好きなところで乗り捨てることができる。

 

なかなか便利そう!

 

利用者登録をしよう

スマホ

まずはスマホでUdriveのアプリをダウンロードしよう。

ダウンロードしている間に、女子の皆さんはメイク直しをしよう(理由は後ほど)。

 

アプリはこれ↓

Udrive

ダウンロード後、アプリを起動させると、ログイン画面に。

Udrive

初めての場合は、左下の「Register」へ。

 

まずは個人情報の入力

・名前

・住所

・誕生日

・メールアドレス

・ID番号(UAE在住者ならEmirates IDの番号)

・運転免許証番号

・支払い情報(カード情報)

などを入力していく。

 

それが終わると、次はIDの画像アップロードが求められる。

・Emirates IDの写真

・運転免許証の写真

(UAEの免許証もしくは国際免許証)

 

で!

 

ちょっと面食らってしまったのが次の項目

・運転免許証を顔の横に添えてセルフィー

セルフィー

なんと。。。

夜、お風呂あがりに時間があるときに登録しておこう、とかできないじゃないか。。。

先ほど女子は化粧を直しておこうと書いたのはそのためだ。

 

一通り登録が終わったら、その後、審査となり、数時間後には登録完了通知メールが届く。

そしたら使える状態になっている。

 

登録完了通知メールには、あなたの番号(PIN)が書かれている。

これが必要になるので、必ず控えておこう

 

↓こんな感じ

Udrive

借りる方法

登録完了後にアプリを立ち上げ、ログインすると、車を選ぶ画面に行ける。

下の画面のように、いま使える車がどこにあるのか表示される。

自分の現在地の周辺で、使える車がないか探してみよう。

カーシェアリング

(誰だよパームの三日月の端っこで乗り捨てたヤツは…。あそこで乗り捨てた後どうやって帰ったんだろう)

 

今回、私はEmirates Towers駅の近くにあったプジョーを選択。

(少し離れた場所にはベンツもあったよ!)

すると、値段やガソリンの残量、車のナンバーなどが表示される。

このプジョーは1分あたり0.7AED(約21円)らしい。

ふむふむ。

これに決めてみた。

・車を15分間、予約する。

・すぐドライブ開始。

・車まで案内して。

の3つの選択肢が出てきた。

 

車まで歩かなくてはいけないので、15分の予約にしよう。

時間内にその車をゲットするよう指示される。

あっ。

あと12分。。

 

てくてく。

てくてく。

(深刻に暑い。。。)

 

あ、あった!

カーシェアリング

次は、スマホ大上で車の外観のチェック(傷はありませんか?など)。

回答し終えると鍵の表示に。

この状態で車にスマホを近づけると、車の鍵がガチャっと開く。(すごい)

車に乗り込んだら、ダッシュボードの中に車のキーが入っているので、それを取り出そう。

キーは、機械につなげられており、画面の指示に従って登録時にメールで受け取ったPIN(番号)を打ち込むと、機械から取り外せるようになっている。

カーシェアリング

PINを打ち込むと

カーシェアリング

あとはドライブをスタートするだけ!

 

返却する方法

ドライブが終わって、返却するときはとても簡単。

道路脇にどこでもある公共の駐車場の、どこでも好きな場所に停める。

元いた場所に戻る必要はない。

 

エンジンを切って、キーを抜いたら、ダッシュボードの中にある元の機械へキーを繋げて戻す

以下のような画面が出てくるので、終了する場合は1を押す。

カーシェアリング

すると「間も無く車にロックが掛かります。忘れものにお気をつけください」というアナウンスが流れる。

荷物を持って、車外に出ると、自動でガチャリとロックがかかった。

 

以上で終了だ。

 

ちなみに、私は忘れ物はしなかったが、車のライトを消し忘れるという失態を犯した。

ライトを消すには車の中に入らなくてはいけない。

しかし車にはもうロックがかかっている。

Udriveのカスタマーセンターに電話をかけたところ(車のボディーにデカデカと電話番号が書いてある)、なんと遠隔で車を開けてくれ、私がライトを消し終えると、再び遠隔で車にロックをかけた。

すごい。

 

その後2時間もしないうちに、利用時間と利用料金の明細がメールで届いていた

 

翌朝、その車を停めた場所を見ると、もういなくなっていたので、早くも次の利用者が乗って行ったようだった。

ドライブ

Udriveを使ってみた感想

とても便利!!というのが1番の感想である。

 

普通のレンタカーならば、事前に予約をし、レンタカーショップに行き、あれこれ書類上の手続きをしなくてはいけない。

レンタカーショップへの移動も含めると、実際のドライブ時間にプラス1時間くらい見ておく必要がある。

 

それに対し、Udriveは思い立った時すぐに車を使うことができ、書類上の手続きは最初の登録時以外一切不要。

また、好きな場所で乗り捨てることができるので、レンタカーショップまで返しに行くだるさがない。

レンタカーのヘビーユーザーにとっては、これはとても時短になる。

 

しかし、デメリットもある。

 

車の状態が必ずしも良いとは言えないことだ。

既に3台ほど乗ってみたが、やはり利用者のモラルに委ねられる部分が大きいためか、綺麗さ・汚さには大きな差があった。

また、自分の乗りたい車が、乗りたいタイミングで、乗りたい場所にある、とは限らないこと。

仕方がないこととは分かっているけれど、いざという時に使えない可能性があるので、Udriveのみで生活するのはちょっと難しいかもしれない。

 

ちなみに、車体のデザインがどうしても特殊なので、タクシーと間違えた通りすがりの観光客に手を上げられて、ちょっと面白かった。

タクシーと間違えられた

トータルで見ると、とっっても便利なので、機会があれば使ってみてはいかがだろうか。

 

尚、ドバイを運転する際に気をつけたい点としては、

(1)カーナビはgoogle Mapsを使おう!

(2)追い越しは「左から」

(3)日本には少ない「ラウンド・アバウト」システム

 

などがある。

レンタカー体験の記事に詳しくまとめておいたので、ご参照くださいませ。

ドバイでレンタカー借りてみた!免許証は?カーナビは?
ドバイは車社会 ドバイでレンタカーを借りた。 ドバイだけでなく、アラブ首長国連邦(UAE)全体が、車社会です メトロはほんの一部にしか通ってないし、バスだってルートは限定的だ。 ...
ドバイでガソリン買ってみた!水とガソリンどっちが安い!?
ドバイでガソリン買ってみた ドバイでレンタカーを借りてドライブをした。 (前回:ドバイでレンタカー借りてみた!免許証は?カーナビは?) 当然ガソリンを入れなくてはいけないので、 経験したガソリンスタンド事情や値段...

コメント

  1. 南極の風 より:

    どうも、初めて。ブログ拝見
    させて頂いてます。
    ドバイで働いているとの事で
    うらやましいです。大変な事も多い
    でしょうが、世界は広いですもんね。
    何故、日本はお堅い感じなんでしょうかねw
    あまりにも狭い生活圏内での
    繰り返しの日常。
    世界は広いのに、その広い世界を
    全く知らずに生きていくのも
    残念な感じがしますw
    またブログ楽しみにしています。

    • BushraBushra より:

      コメントありがとうございます!
      拙いブログですが読んでいただけて嬉しいです。
      励みになります!

      「お堅さ」と「きっちり・きちんと・誠実に」は紙一重であり、
      「柔軟さ」と「怠惰さ・テキトウさ」もまた紙一重なもので、
      なかなか一長一短ですね(^^;)

      今後とも、お楽しみいただけるよう更新してまいります。
      どうぞ宜しくお願いいたします!

タイトルとURLをコピーしました