【祝】UAE人の宇宙飛行士、国際宇宙ステーションへ【初】

宇宙飛行士News

UAE人、宇宙へ行く

こんな明るく盛り上がるニュース、なかなかないわ!

 

2019年9月25日。

アラブ首長国連邦(UAE)の宇宙飛行士、Hazzaa AlMansoori(ハッザー・アル・マンスーリ)氏が宇宙へ旅立った。

UAE人が宇宙へ行くのはである。

 

打ち上げの地となったのは、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地。

他2名(ロシア・アメリカ)の宇宙飛行士と共に乗りこんだソユーズは、国際宇宙ステーションへと旅立った。

 

彼は国際宇宙ステーションに8日間滞在したのち、10月3日、地球へ帰還する予定となっている。

 

私たち日本人は「日本人宇宙飛行士」の存在にだいぶ慣れてしまって、「いま誰が宇宙にいるんだっけ?」くらいの感じになってしまったが、UAEにとって自国民が宇宙に行くのは、今回が初

 

思い出してほしい。

秋山さん、毛利さん、向井さんなどが宇宙に行った頃の、日本の盛り上がりを。

ワクワク高揚した雰囲気を。

いまドバイはあの感じに包まれている。

 

UAEの宇宙飛行士はどんな人?

今回、UAEからは2名の候補者がいた。

第一候補が今回宇宙へ飛び立ったマンスーリ氏で、もし彼に何か問題があった場合の言わば補欠がスルタン氏である。

 

この2人は、4,000名の応募の中から選ばれ、ロシアでの訓練(ロシア語を含む!)を経て、今回の打ち上げに挑んでいる。

 

マンスーリ氏は、1983年生まれの35歳、アブダビ出身だ。

元々はUAE国軍のパイロット。

彼は昨今ドバイではヒーローのようである。

いい写真だね。

 

ちなみにインタビューには以下のように答えている。

 

Q:寝るときは国際宇宙ステーションの壁に体を留める派?ふわふわ漂う派?

A:僕はふわふわ派。

 

Q:国際宇宙ステーションで暇なとき何してる?

A:地球を見て、UAEの部分を写メってる。

 

…ほんとだ。

宇宙からインスタ更新してる。笑

 

UAE人(エミラティ)というと「どうせ生まれつきお金もってるから怠け者なんでしょ」という評価がテンプレ化しているけれど、一応言っておくと、中にはこういうちゃんと頑張れるエミラティもいるんだよ。実在するんだよ!

 

ドバイは盛り上がった!

打ち上げの日、ドバイはめちゃくちゃ盛り上がった。

ブルジュ・ハリファも彼の顔と名前でライトアップ。

https://www.instagram.com/p/B22jj9aHpzO/?utm_source=ig_web_copy_link

 

宇宙の自国民とテレビ電話するムハンマド首長。楽しそう。

 

新聞もこの通り。

(Khaleej Times紙)

宇宙飛行士

なんとペラっと半ページ追加。

変形バージョンである。

宇宙飛行士

開くとシェイク・ムハンマドのスリーピース。

 

アラビア語新聞も、この話題でもちきり。

(Al Bayan紙)

宇宙飛行士

(Al Emarat Ilyum紙)

宇宙飛行士

どこもかしこも、とにかく宇宙!!

地元UAE発のヒーロー

UAEのように豊かな国の若者は、勤労意欲が低く、怠慢になりがちなことが社会問題となる。

 

いくら人が「勤勉に学び、働け」と言ったところで、「そもそも金や社会保障が十分にあるのだから、なぜ努力なんぞをせねばならんのだ?」ということになってしまう。

彼らにとっては怠けでも逃げでもなんでもない、ナチュラルな疑問なのだろう。

 

しかし、こういう地元発のヒーロー像は、どんな政策よりも直球で、次の世代を刺激するのではないだろうか。

宇宙飛行士

コメント

タイトルとURLをコピーしました