ドバイで働く

アラブ系商社のオフィスの雑談や、ドバイ勤務で考えたことを書いています。

働く

海外勤務、不安な気持ちと戦う方法

海外勤務、自信がなくなったときの対処法 ミスしたとき。 力不足に焦ったとき。 受け流せるキャパを越えた意地悪や差別を受けたとき。 積み重ねた努力が無意味になったとき。 または何のきっかけもなく。 自信...
働く

ドバイOLの通勤コーデ【海外のオフィスファッション】

ドバイOLの通勤ファッション 海外で働く女性の通勤ファッションーー おしゃれな雑誌やドラマを見ては、できる範囲で真似してみた人も多いだろう。 かく言う自分も、SATCやプラダを着た悪魔、Suitsといった、海外のオフィ...
働く

カシオの電卓が故障!?ではなくインド式の桁区切りだった話

カシオの電卓が故障した(と思った) ドバイのわが社は、CASIOの電卓を使っている。 電卓は電卓だ。 ドバイだろうと日本だろうと、 特に違和感なく使っていたのだが… ある日、電卓の表示がおかしくなった。 ...
働く

日本人はシャイ!と言われる理由|悩んで分かったShyの正体

アラブ人社長に「日本人はシャイだ」と言われて困惑 アラブの地場企業に入社する前、面接の最後。 アラブ人社長くんにこう言われたことを今でも覚えている。 「日本人はシャイだ。 しかし、ここはもう日本企業じゃない。 ...
働く

人の話は最後まで聞くな!それが海外の議論のルールだった

「人の話は最後まで聞く」は世界の非常識 多国籍な人々に囲まれて働くようになって、いまだに慣れないことの1つが、話を遮られることだ。 結論がまだなのに、いきなり「いやそれは…」と誰かが話し始める。 3つの要点を説明しよう...
働く

アラブ人への日本のお土産、オススメは?不評だったものは?

日本からドバイへおみやげを 東京からドバイへやってきた日本人ビジネスマンより、アラブ人ボス宛におみやげをいただいた。 実は今回のおみやげのチョイスは、私からリクエストをさせてもらった。 なぜなら、産油国系男子である社長くん、お...
働く

「弊社は休みですが?」インドの祝日にドバイで遭遇

4月15日(月)午前 完全に予定が狂った。 その日は、4月15日、月曜日。 午前はジェベル・アリにある自社の物流倉庫で、スタッフと搬送の打ち合わせ。 午後はドバイを横断して隣の首長国シャルジャに向かい、 ...
働く

日本はラッピング大国?

日本人はラッピングが得意? ドバイの奇抜な人工島や ペルシャ湾岸のホテルたちが 夕日を受けて逆光に浮かび上がってきた頃。 会議室から楽しそうな声が聞こえてきた。 マーケティングのイケイケ女子...
働く

ドバイの弊社で流行中の日本語

社内に日本語を話す相手がいない 我が社には、日本人が私一人しかいないので、 日本語を話す相手がいない。 国籍ごちゃまぜオフィスにおいて、社内共通語は英語だ。 しかしたまには、母国語を喋りたい。 ...
働く

ドバイモールでエステ受けながらインド人と戦った話

ドバイモールでエステ受けてみた そのとき私は週末を満喫していた。 The Dubai Mall(ドバイモール)内にある フランス系デパートGaleries Lafayette(ギャラリー・ラファイエット) で、の...
働く

そこまで来たか!日本オタクのアラブ人

新年なので、手帳を新調した。 2019年は、A5サイズの1日1ページの綴じ手帳。 まっさらな手帳を気分良く職場に持って行ったら、 日本オタクのアラブくんの目に止まった。 「Wow... heey......
働く

日本人一人の海外勤務、意外な理解者とは

湾岸諸国の人事構造 会社の構造はこうだ。 産油国系男子である社長を筆頭に「アラブ勢」が経営層を占め、 管理職〜オフィスワークは「一般アラブ勢」「欧米勢」「その他の先進国勢」「昇進した新興国勢」が担い、 前...
働く

多国籍オフィスのランチタイム

多文化・多国籍オフィス ドバイは多国籍社会である。 「エミラティ」こと地元民は全人口の15%しかいない。 他85%は外国人。 つまりドバイは「外国人であることが当たり前」の都市なのだ。 我が社のオフィスも当...
タイトルとURLをコピーしました