カタール

世界一の金持ち国家?カタール旅行【空港から街へ】

カタール旅してみた カタールは、アラビア湾(ペルシャ湾)にある小さな半島の国である。 サウジアラビアのはじっこにピョコっと出たような場所だ。 秋田県くらいのサイズ感でありながら、 一人当たりGDPが世界一というお...
カタール

カタール断交、一般観光客に影響は?

カタール断交、一般観光客に影響は? 2017年6月。 サウジアラビア、UAE(ドバイやアブダビ)、エジプト、バハレーンが、カタールに対して国交の断絶を宣言した。 それにより、政治はもちろんのこと、我々ビジネス方面もバッ...
ビジネス

カタール断交から2年が経過、民間企業の体験談

カタール断交から2年 早いもので、あれから2年が経った。 UAE、サウジアラビア、バハレーン、エジプトが、カタールとの国交を「突如として」断絶し、騒がしい衝撃的な朝を迎えたことを今もよく覚えている。 「 」をつ...
ビジネス

ラマダン商戦を仕掛けてみた(ビジネス目線)

ラマダン商戦を仕掛けてみた さて前回は、ラマダン商戦の楽しいところを色々紹介させてもらった。 (深夜のお買い物って楽しいよね!) 今回は、そのラマダン商戦を仕掛ける側として経験したことを書いていきたいと思う。 さ...
ビジネス

ラマダン商戦とは何か?(消費者目線)

ラマダン商戦とは何か? ラマダン中、ドバイの街では 「ラマダン商戦」なるものが展開される。 日本でいうところの 「クリスマス商戦」やら「バレンタイン商戦」やら そんな感じだ。 「断食とショッピ...
暮らす

ラマダン中、私たち外国人の食事はどうなる?

ラマダン中のドバイで食事はできる? ただいまドバイはラマダン月の真っ盛り。 イスラム教徒の人々は、日中の飲食を断つ断食をしている。 そんなとき、 断食をしていない私たち異教徒の食事はどうなるの? ...
暮らす

ドバイにラマダンがやってきた

ラマダンとは 「ラマダンってなーんだ」と言われたら 「あぁ、断食するやつでしょ?」くらいの知識はそこそこ広まったように思う。 日中は一切の飲食を断ち、 貧しい人々の気持ちを理解し、 日没と共に食事を...
News

ドバイのイケメン皇太子、日本旅行を満喫中!?

その人、ドバイのハムダン皇太子です。 「原宿でお友達とショッピング中 エスカレーターで自分の後ろに立っていたのは お忍びで自由を満喫中の 超お金持ち独身セレブ ドバイのイケメン皇太子だった」 なんてい...
My Dubai

ドバイの大富豪に名前をつけてもらった話

アラブ風の名前がほしくて いつの頃からだろうか。 覚えていない。 ということは、何かきっかけとなる重大な出来事があったわけではないのだろう。 とにかく、これは3年以上も前の話だ。 ドバイで日...
働く

「弊社は休みですが?」インドの祝日にドバイで遭遇

4月15日(月)午前 完全に予定が狂った。 その日は、4月15日、月曜日。 午前はジェベル・アリにある自社の物流倉庫で、スタッフと搬送の打ち合わせ。 午後はドバイを横断して隣の首長国シャルジャに向かい、 ...
ビジネス

ドバイで新ブランド発売してみた

ドバイに新ブランド輸入・発売してみた 先週から、とあるブランドをドバイで新発売した。 ここに至るまで、 ローンチする商品の選定 価格の決定 輸入手続きのための商品登録 販売員の新規採用 ディスプ...
暮らす

ドバイで自炊したら食費はいくら?

海外で自炊しよう! 実は、ドバイで生活するようになって、自炊の回数が確実に増えた。 料理のバリエーションも大幅に増えた。 クックパッドのつくれぽも3ケタになった。 私は、日本にいた頃は 「家ではシン...
News

海外のエイプリルフール!ドバイの場合(2019年)

エイプリルフールは世界共通 日本でお馴染みのエイプリルフールの文化は、 ここドバイにも存在する。 日本よりはだいぶ静かなもので 「皆んなで盛り上がる」というほどではないが、 このイベントの存在は誰も...
遊ぶ

賞金13億円!ドバイワールドカップ2019に行ってきた

ドバイワールドカップに行ってきた 世界最高賞金13億円(!!!)で有名な ドバイ・ワールドカップ。 競馬の世界的祭典である。 自分は、日本では競馬など見向きもしなかった人間だが、 せっかくドバイにい...
働く

日本はラッピング大国?

日本人はラッピングが得意? ドバイの奇抜な人工島や ペルシャ湾岸のホテルたちが 夕日を受けて逆光に浮かび上がってきた頃。 会議室から楽しそうな声が聞こえてきた。 マーケティングのイケイケ女子...
タイトルとURLをコピーしました